小麦粉って 5
今年の夏は、またまた暑くなりそうですね。
昨年同様に、生地の管理が難しくなりそうです。
c0106455_1941581.jpg
最近はイタリアからの、輸入小麦粉の種類も実に多くなってきましたね。
日本と同じように四季のあるイタリアですが、大きく違うのが湿度です。c0106455_19423416.jpg





本州の高原地帯と北海道を除いた大部分が温帯性気候の日本は、夏場になると暑さと共に襲いかかってくる湿度が堪りませんね。
c0106455_1943284.jpg


大半が船便で運ばれる小麦粉ですが、海を渡ってくる1ヶ月の間もさることながら、小麦の状態ではなく製粉された小麦粉は、吸湿性の高い紙袋に入れられています。が、湿度の低い地中海性気候からの長旅の末に高温高湿の日本で、苦しい目に会いますね。c0106455_1943924.jpg



良心的な製粉業者は空調管理した専用のコンテナで運び、国内に陸揚げされた後も空調管理された倉庫で保管し、各地に配送されますが・・・

湿度の低くなる秋から春先まではピッツァ生地も比較的安定しますが、夏場はイーストの兼ね合いもあり極めて不安定になります。

☆せっかくイタリアからやってきた小麦粉に☆
お店の中で、小麦粉の保管は気を遣っていますか?
お店の中で、あまり小麦粉をいじめないで下さいね!
お店の中で、小麦粉に嫌われないで下さいね。!!c0106455_1943531.jpg
[PR]
by t2cosmo | 2011-05-19 19:45 | pizza | Comments(4)
Commented by infoitalia at 2011-05-20 19:25 x
小麦粉も奥が深いですね~。ピッツァに欠かせないものですからね!
t2cosmoさんが大切に思われていることがよく分かります!
Commented by t2cosmo at 2011-05-20 21:53
infoitaliaさん
   いえいえ〜そんなぁ〜
ただ銘柄にはこだわっているけれども・・・と、言うケースが目に付くことがあったんです。
僭越ながら、ちょっと一言・・・しただけです。。(笑)
Commented by ぐっさん at 2011-05-21 01:16 x
小麦粉の特徴や銘柄など、今自分は面白い位置にいるなぁと思い、以前ご一緒したフェスタからいろいろと勉強させていただいています。サレルノ以外、ナポリでも粉と環境にも着目して見て周ろうと思っています。
Commented by t2cosmo at 2011-05-21 21:19
アンテナの範囲をあまり広げすぎると、情報が入りすぎて・・・
情報の迷路に入らないで下さいね。

まずは一歩一歩のステップアップですよ。。
<< 専用の窯で LA BETTOLA da O... >>