ピッツァで作るディスプレーの競技

サルソマッジョーレ選手権の会場でいつも目立っているディスプレー。 競技種目にはなっておらず、大会参加要綱にもディスプレーは採点には加味されないと明記してある筈なのですが、最終的には表彰されているようなので、やっぱり競われているようです。

c0106455_12413059.jpg


参加者のお国柄、

c0106455_1242834.jpg


土地柄もでていて面白いです。

c0106455_12425931.jpg


最後の晩餐も。

c0106455_12435156.jpg


今年はどんなのがみられるかな。
[PR]
# by t2cosmo | 2007-02-13 12:42 | ピッツァ選手権 | Comments(0)
ピッツァの神様

この人“グラッツィアーノ”は、この大会の殿堂入りしている個人アクロバットの猛者です。 今は、ただのピッツェリアのオヤジ兼大会運営スタッフ兼ピッツァ学校の講師。 日本にも3~4回、ピッツァアクロバットのデモで来日しています。 

c0106455_147496.jpg


私がピッツァに目覚める前から来日しているので・・・・神様のような人です。
[PR]
# by t2cosmo | 2007-02-09 14:10 | ピッツァ選手権 | Comments(0)
サルソマッジョーレ・ホテル近くのピッツェリア

1人1枚ではなく、ピース売りでした。

c0106455_1161883.jpg


こんなに厚いピザでしたが、ナポリピッツァのようにモチモチ感を強調しているものではありません。

c0106455_1163685.jpg


結構軽く、数種類をみんなで食べました。

c0106455_1165392.jpg


美味しかった~。
[PR]
# by t2cosmo | 2007-02-08 11:17 | ピッツェリア | Comments(0)
2001年のピッツァ選手権会場

古いものですが、サルソマッジョーレの会場風景です。

c0106455_13491415.jpg


c0106455_13495025.jpg


会場横付けした冷蔵車は・・・実は冷凍車。
庫内にて生地管理をしてくれたものでした。
・・・最初は冷蔵保管と思っていました。・・・・
しかし、一晩預けると完全に凍ってしまい解凍のタイミングが掴めず、慌てた事
が懐かしい。

c0106455_13535767.jpg


こんな薪窯で焼いていました。

c0106455_1353493.jpg


今年はここがオリンピック会場です。 
[PR]
# by t2cosmo | 2007-02-07 13:58 | ピッツァ選手権 | Comments(0)
ピッツァ オリンピア参加

まず今年は3月26日から4日間、開催されます《ピッツァ・オリンピア》に参加します。

この大会は毎年《ピッツァ世界選手権》として開催されてきましたが、今年は《第一回ピッツァ・オリンピア》の冠が着きました。
選手権自体は今後も続きますが、4年ごとに《オリンピア》を開催するそうです。

☆参加者も大変です。☆

競技種目は大きく分けて2種目
オリジナルピッツァの競技・・・採点基準は
① ピッツァの製作過程
② 出来上がったピッツァの見た目
③ そのピッツァの味

ピッツァ生地を使った技術競技
①早伸ばし
②大伸ばし
③個人・団体のアクロバット

c0106455_10474899.jpg


日本人は各種目に毎年参加しています。
日本人のピッツァがイタリア人にどのくらいに評価されるか?楽しみましょう。

Club Amatori della Pizza Italianaの参加は
北海道より「イタリア料理オリゾンテ」
     「チーズチーズ」
神奈川より「チーズカフェ」
長野県より「珈琲哲学松本店」
静岡より「マリーザ浜名湖」
愛知県より「旨いもの台所 南風 多治見店」
愛媛県より「ピッツェリア マルブン」
以上の方々です。
企画の張本人として、もちろん私も参加しますよ。

ちなみに昨年の参加は
北海道より「イタリア料理オリゾンテ」
長野県より「ラ・フォレ」
岐阜県より「旨いもの台所 南風 庄内通店」
愛知県より「Mana Table」
香川県より「珈琲哲学高松店」
愛媛県より「ピッツェリア マルブン」
各店が参加して頂きました。

今年もがんばります。 応援ヨロシク。
[PR]
# by t2cosmo | 2007-02-06 10:48 | ピッツァ選手権 | Comments(0)
南のピッツァ、北のピッツァ。

南は伝統的なピッツァ。 
さすがはピッツァ発祥のナポリ。 素直に小麦粉のうまさを出すピッツァを継承しています。

北は革新的なピッツァ。
小麦粉料理としてのピッツァにメニューの楽しさをプラス。
アンティパストからプリモ、セコンド、デザートまでも構築してしまう柔軟さ。

今はどちらも混ざってきて更なる進化過程のピッツァを発見、創作する為、イタリアへ…。
[PR]
# by t2cosmo | 2007-02-05 18:10 | pizza | Comments(0)
自己紹介。

私はプロ向きのピッツァシステム全般を紹介する会社に居ました。
ピッツァの世界にドップリはまって15年。 もう・・・抜け出せません。
ピッツァで友達がたくさん出来ました。
ピッツァで人生が楽しくなりました。
ピッツァでみんな幸せになりましょう。

c0106455_17222422.jpg


薪を燃やし・・・ガスを燃やし・・・電気を燃やし・・・情熱を燃やし・・・
おいしいピッツァを焼きましょう・・・食べましょう・・・。
[PR]
# by t2cosmo | 2007-02-05 17:22 | pizza | Comments(0)
club amatori della pizza italiana とは?

ピッツァが大好きです。
旨い、楽しい、面白いピッツァで、北から南まで日本を繋ぎたいのです。
そして・・・ピッツァで日本とイタリアを結びましょう。
情報交換しましょう。
あなたの知っている、おいしいピッツァを教えてください。
北イタリアのピッツァ選手権・南イタリアピッツァフェスタ参加の企画運営等もしています。
プロのためのピザシステムのアドバイスもしています。
[PR]
# by t2cosmo | 2007-02-05 17:18 | pizza | Comments(3)